fc2ブログ

レシートは大切に

今日、例の古本屋「***オフ」に足を運びました。

CDを買うためです。

ちなみにチャイコフスキーの交響曲六番を。
クラシックなのは通ぶりたいからです。
店舗にあることを願いつつCDコーナーへ
願いが通じたのか運よく発見。最初の店で見つけられてホントいい日です。
レジに持っていくと

「中身の確認をいたしますね」

と、店員さん。
ほぅ、最近はこんなことするんだなぁと手間をかけるその業務姿勢に感心したものです。
そのためレシートはご利用ですか?の問いに結構です、と応答しました。
なんだか手を余計に煩わせてしまう気がしたもので。

清々しい気持ちで商品を受け取りいざマイホームへ。
すかさずPCにインポート!
カリカリとCDをおいしそうに取り込む音が聞こえてきます。
そして、PCに映し出される曲名。
「ANTONIN DVORAK   Symphony No.9」

あんとにー・どぼるざーくぅ?
なんばーきゅう??

見た目(パッケージ)はチャイ6!
頭脳(中身)はドヴォ9!
なんで違うんや!?
CとDて近いから?6を9と見間違えたの!?
てか店員さん確認してましたよねぇ!?ねぇ!!
その眼は何のために二つもツイテルンデスカ。
前を向いて商品を仕分けるためですよね?

まぁ取り替えてもらえばいい話なんですけどね。
驚きはしましたが焦る必要は皆無です。
あの店員さんにレシートをチラつかせて
「にーちゃん、さっきのCD中身違うんだけど・・・どないしてくれるんやぁ」
と口火を切る場面を想像するだけで胸が高鳴ってきます。
さて、行きますか!
・・・。

(なんだか、)

(手を余計に)

(煩わせてしまう気がしたもので)










スポンサーサイト



プロフィール

ばら

Author:ばら
音楽を作りたい人と
歌を歌いたい人と
絵を描きたい人が集まったら
サークルができました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブでクラウド

カテゴリ
カウンタア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる